RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

手ぬぐいってすごい。

2016.02.05 Fri
なんとか続いているお弁当生活。

IMG_0018_20160205130702813.jpg

いつもお弁当を包んでいる巾着が洗濯中だったので、今日は手ぬぐいで包みました。

長方形のものを包むやり方をネットで調べて、実践。

IMG_0019_20160205130715043.jpg

すごい!かわいすぎる!!

なんでも包めるんだなぁ。というか、なんでも包みたくなっちゃうなぁ。

手ぬぐいってすごい。


手ぬぐい、たくさん持ってるけど、主に作業時の頭に巻く用・・・(笑)

これからはいろんなものに使ってみよう。

スポンサーサイト
| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

器の修復。

2016.02.05 Fri
震災で傷ついた器の修復。

今ここまできました。とてもゆっくりペースですが、着実に元の形に戻っています。



IMG_0017.jpg


この器を作った当時の技術はまだまだ甘く、エッジなども甘いのですが、本堅地という基本の技術に忠実に制作をしていたので、とても丈夫ですし、直して長く使うことができます。

何度だって直します。

何十年も使い続けられるように。

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

スノースマイル。

2016.01.23 Sat
忙しくなるほどブログに書きたいこ事はいっぱいある。

書きたい事はいっぱいあるのに忙しくて書けないというジレンマ(笑)


とりあえず最近の記録を。。


最近食べたおいしいもの。
IMG_0001.jpg

IMG_0012.jpg

肉ばっかりや。

おいしいものイコール肉になっている。。。


どちらも高級で美味しゅうございました!



最近のハナさん。
IMG_0007.jpg

冬は布団で丸くなる。
IMG_0005.jpg

ゲームしてると必ず邪魔してくる。なんとかならんかなぁ。
IMG_0002.jpg



| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

最近のあれこれ。

2016.01.12 Tue
まだ1月も半分過ぎてないってのに、一気に仕事モード全開で過ごしております。。。

まぁでもやり甲斐とか楽しさとかを感じれるんだけらそれはとても良いことだな!


今週と来週は他県へいく機会が多く、移動ばっかりです。
せっかくなのでいろいろ吸収していきたいなと。

それはそうとダイソン買った!
IMG_0994.jpg
なんかもうこれすごい!
空気が変わる!全人類これ買えばいいのにって思いました(笑)

すごく気持ちよくていろいろ捗りますなぁ。
吸引力ももちろん凄いけど、中身が見えるようにしたダイソンは天才だと思う。


あとこれは実家に帰った時に母が出してきた、「私が17歳の時に書いた年賀状」です。ひつじ年ですな。
IMG_1004.jpg
この頃はまだ工芸の道にいくぞっていうより、デザインの道にいくぞって考えてた時です。
フォトショとか全然使いこなせてない時で、凄いテクニックは何も使ってないけど、色あいが綺麗だな。
母は大事に取っといたそうで。
せっかくなので1枚もらってきました(笑)


あとこれは帰りに乗った飛行機の写真。
IMG_1039.jpg
全部で9色あるんですけど、行きは赤、帰りは水色でした。

5月に帰った時は黄緑?かオレンジ?だったかな。



正月撮ったお気に入りショット。
IMG_1003_20160112171313a21.jpg


| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

米粒の向こう。

2016.01.06 Wed
先日、個展で椀を買ってくださった方が「使ってみました!」という報告を下さいました。

ご飯を入れて食べたそうなのですが、

「見てるのと実際に使ってみるのとでは感動が全然違う!」という興奮したメールを頂きました。

軽いということ、手にフィットするということ、ちょうどいい大きさだということ、そして印象的だったのが

「米粒の向こうに見える景色が全然違った」という言葉でした。


その椀は、内側のデザインが黒と白檀塗の複合なのですが、お米を食べていくうちにその模様が見えて来くるのが、とても良かったそうです。

「米粒の向こう」というフレーズが、なんだかいいなと思いました。

常に、米粒とか、お味噌汁とかとセットで、それらが美味しく見えるような、感じれるような椀を作っていかねばですね。

こうして生の声を聞かせていただけるのは、本当にありがたいです。






それはそうと、今 修理の椀が4点、金継ぎをしなければならない磁器が1点 手元にあります。

それらをどのように修復していくのかも、写真とともに紹介いこうと思います。

壊れても、直して使う。孫の代まで伝えていく。

今 日本人がもう一度大切にしたい感覚なのでしょうね。

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。