RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

停電。

2010.05.28 Fri
今週の月曜日。
張り切って早く学校へ行ったら

20100524083901.jpg
なんとこんな貼り紙が。。。

在学6年目にして、停電は初めてです。

20100524084536.jpg
時計がこの時間で止まっていました。
早朝に止まったようです。

20100524084648.jpg
漆の電気風呂も止まってしまいました。。

幸い 何も入れていませんでした。


あとは冷凍庫の氷が溶けてしまったり

ラジオが聴けなかったり

お湯が沸かせなかったり。。

せっかく月曜日の朝のコーヒー一杯を楽しみに
早起きして来たのに、残念無念でした(><。)


結局 復旧には丸一日を費やし、
明るい場所で作業できるようになったのは翌日です。



うちの大学って、年季はいってるんだなぁ(^ ^;)

スポンサーサイト
| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

とんぼ玉。

2010.05.22 Sat
SANY2617.jpg
かんざし用のとんぼ玉をつくりました。

ありがたいことに、かんざしは全て売れてしまって
手元に一本もないので、少しずつ作り足していきます。

ただ漆の作業と並行してガラスを扱うのもなかなか大変なので、
今回はとんぼ玉は既製品を買っちゃおうかな~ と思ったのですが


とんぼ玉って、高いのですね!(X_X;)


しかもシンプルなとんぼ玉って、なかなかないんですねぇ。

こりゃあ自分で作ったほうが断然お得です。



でも久しぶりにバーナーワークをしたので 手際が悪くて(^^;)

8個つくるだけでガスボンベひとつ消費してしまいました。。。




| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

アイディアスケッチ。

2010.05.20 Thu
image1.jpgimage2.jpg
プロフィールのところに載せていますが、
卒業制作は天球儀をモチーフとしたオブジェを制作しました。

その一番最初の原型になったのは
こんなスケッチだったのです。

構造上、実現できるかできないかは別として、

こんな世界観がいい、という、頭の中にあるもとをとにかく絵にしたものです。

この作業がなかなか苦しいです。
頭の中を写真でうつせたらどんなにいいだろう、などと考えながら鉛筆を走らせます。


最終的には全然違う形に行きつきましたが
この工程があってこそ、でした。


メカメカした部分は、
レオナルド・ダ・ヴィンチの本などを読んで、影響をうけました。

私は発明の難しいことはわからないのですが、
ダ・ヴィンチのスケッチを見ると、

「この人は本当に、天才だ!」というのはよくわかります。

知能の高さが、線の描き方、選び方ににじみ出ていました。

それまでは「この世に天才などいない!」と思っていましたが、
彼はまごう事なき天才なのですね。



| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

まずは下処理です。

2010.05.18 Tue
SANY2634.jpg
先日もらった蓋もののお椀に
「固め」という下処理をしました。

白木のままで置いておくと、湿度の影響で木地が動いたり水に弱かったりするので、

一回 漆をかけ、すぐに拭き取ります。
白かった木地が茶色になりました!


この作業を「固め」といいます。

漆をかけることで、防腐・防水効果が得られます。

なので木地を手に入れたら、そのまま置いておくようなことはせず
まずは必ず「固め」をします。


この状態でも、お椀としては十分美しいですよね!

黒や朱の漆を塗ってしまうと、木目は見えなくなりますが、
この段階では木目がはっきりと見えて面白味があります。

とくにこの材はケヤキなので、木目の王様といったところでしょうか。


しかし私は加飾の人間です。

木目は自然から生まれた絶対的な美しさですが、
それに負けないよう、それを殺さぬよう、

塗りと加飾でさらに魅力的にみせるのが仕事です。頑張りますよ♪



| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

吸い物椀。

2010.05.16 Sun
SANY2611.jpg
木地師さんに またまた木地を頂きました。

先日とはまた違う木地師さんで、
修了制作用の木地を依頼している方です。

先日 図面を持って行ったついでに仕事場を見せて頂きました。
そこにたくさんの木地が積み重ねられていて、
まさに宝の山でした!

思わず


「いいいいいらないのあったら

  ななななななにかください・・・!」


とヨダレを垂らしながら何の遠慮もない言葉を吐いていました。


そんな私に木地師さんは快くお椀をゆずってくださいました。

しかも蓋つきのお椀です。


考えてみたら、今まで蓋もののお椀を完成させたことはありません。

ちょっとかしこまった雰囲気に仕上げましょうか♪

いい経験値がつめそうです♪

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

お椀の話。

2010.05.14 Fri
SANY2616.jpg
食器を手に持つ、というのは日本独特の文化ですよね。

西洋ではもちろんのこと、

韓国や中国でも食器は持ち上げずに食事をするそうです。

ましてや直接 口をつけるという行為は、
がっついている、泥棒のような食べ方だ、と言われるそうです。

逆に日本では、お皿を持ち上げないで食べるのは
行儀が悪い、犬の食べ方だ、などと言われますよね。

同じアジアでもま逆の習慣があって不思議です。

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

いろいろ椀。

2010.05.12 Wed

いろんな形の木地をもらいました♪

木地師さんが木地を挽いているときに、
虫食いがでてきたり、木の節がでてくることがあります。

そんなお椀はもう売り物にはならないので、
ゆずってくださるわけです。



穴は下地処理で埋めてしまえば、わからなくなるので
全然 問題なしです♪

材は立派なケヤキとトチ。

学生がお椀の練習をするには、もったいないくらいいい素材です♪



| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

はじめまして。

2010.05.10 Mon
kab.jpg
というわけで、

HPをつくりました。

これまでの私を知っている方も、初めて知る方も、

「へ~ こんなことやってるんだー」と
少しでも知っていただけたらと思い 立ち上げました。

ブログでは漆そのものの話はもちろんのこと、
作業工程や制作風景なども紹介していきます(^^)

どうぞよろしくお願いします!

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。