RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ひたすら軽いお椀を目指して⑤

2010.11.24 Wed
20101115144335.jpg

下地3回目。これで地付けは終了。

103g。ここでやっと100を超えました。

スポンサーサイト
| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ひたすら軽いお椀を目指して④

2010.11.23 Tue
20101107130524.jpg

下地の2回目が終わって、92g。まだ100を切るか。

下地一回がちょうど綺麗に10gくらいなんだなぁ。

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ひたすら軽いお椀を目指して③

2010.11.22 Mon
20101103191128.jpg

そう身付けをして、下地を一回。

これで83g。

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ひたすら軽いお椀を目指して②

2010.11.20 Sat
20101025183710.jpg

木地固めして、縁を布で補強。

目摺りも終わって、73g。

軽い。

これだけ大きいのに・・・。
まだ普通サイズのケヤキ椀の方が重いんじゃないかなぁ。

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

琥珀色の。

2010.11.19 Fri
私は金粉はめったに使うことがありませんが、
金箔はけっこう使う方です。

なぜならこの琥珀色を出すのに↓

20101108090607.jpg

金箔が必要だからです。


昨日は金箔を買いにいってきました。

金箔4号色を100枚。

12000円くらいでした。
覚悟していたよりは安かったです。


金を使うわりには地味な仕事なのですが(笑)
でもこの飴色の艶には 何も敵いません!
漆は本当に美しいです。



| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ひたすら軽いお椀を目指して①

2010.11.19 Fri
いま、「ひたすら軽いどんぶり」を制作中です。

やや手が不自由な方からのご注文で、
片手でも楽に持てる うどん用のどんぶり という内容でした。

漆器はだいたい見た目より軽く作られていますが
どんぶりサイズとなると それなりにズッシリきます。

そこで木地師さんとも相談して、いきついたのが

20100928185020.jpg
桐という素材。


桐タンスでおなじみの桐です。

なかなか器にもちいる機会は少ないのですが、
非常に軽く、湿度の影響をうけにくいため歪みにくい。
柔らかいため落としても、そうそう割れません。

たとえ手がうまく動かず、落とすようなことがあっても安心かな と思います。


ただあまりに柔らかい素材なので、カッターでもサックリ切れてしまいます(笑)
そこは布と下地と漆で補強する必要があります。

それに白くてとても美しい木地です。
漆を塗ってしまうのが少し惜しいです。


そして木地の状態で持ってみると、

この世の器と思えないくらい軽いです(笑)

お麩のようです。


実測してみると、56g。
携帯電話の半分くらいの重さですかね。

くりかえしますが、どんぶりサイズです(笑)


軽いけど丈夫などんぶりを目指して。
私にとっても木地師さんにとっても新しい試みです。

完成が楽しみです!

いったい何グラムで出来上がるんだろう。



| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

カートン。

2010.11.02 Tue
美大祭準備のおなじみ。
大量のカートン。

moblog_dacba64a.jpg

模擬店のテント内では
これを敷き詰めた上に畳などをしいて
御座敷を作ったりするのですよー。
moblog_96c3e8fc.jpg

借りにいって学校まで運ぶの大変だったなぁ。
返しにいくのも面倒だったなぁ。


今となっては良き思い出です。



| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

返り血。

2010.11.02 Tue
ご無沙汰してました。
めっきり学校にこもっています。
天気が悪くて、気分がのりません・・・

そんなことしてたら

moblog_4621780c.jpg

漆が破裂して、体に浴びてしまいました(笑)

Tシャツを2枚きていたので慌てて脱ぎました。

首や顔にはかからず!!


ギリギリ!セーフッッ!!



あああ 危ない危ない・・・

かぶれるところだった。。セーフ。


ただ、浪人時代から7年間着ていたTシャツがああ(T_T)


7年着てても、首がビロビロにならない、
リーバイスのTシャツはすごい。

愛着があっただけにショックです。。

気をつけてたら防げたてたのにいいい。


やる気のなさに さらに追い打ちをかけられ、
この日は作業をやめました(笑)

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。