RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

コスモなボクら。

2011.06.24 Fri
バングルに螺鈿の加飾をほどこします。

まず、漆を塗ってしまうと持つ場所がなくなってしまうので、
普段 顔料を練っている「練り棒」をくっつけて、持ち手を作りました。
こうやって片面ずつ加飾していきます。
1.jpg

今回使うアワビ貝。
2.jpg
細かい貝と粗い貝です。
これで宇宙の加飾をしていきます。

3.jpg
加飾面に漆を塗りまして、

4.jpg
まずは大きい粒の貝から置いていきます。

これが大きな星になります。

宇宙には大きい星や小さい星、赤い星や青い星があるように
遠近感やバランスを考えて配置していきます。

全部似た大きさだと、奥行きをつぶしてしまうので注意。

5.jpg
次に細かくした貝を

6.jpg
蒔いていきます。

7.jpg
さらに細かくした貝を

8.jpg
蒔いて

9.jpg
こんな感じになりました。

10.jpg

11.jpg
さらにさらに細かい貝で

12.jpg
天の川を描きます。

13.jpg
こんな感じ!


これで片面の螺鈿が終了です。


さらっと書きましたが、ここまでで2時間くらいです(笑)



漆が乾いたら、次に反対面の加飾も同じようにやります。


指輪も同じく。

もう少々お待ちください(^▽^)



スポンサーサイト
| Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

美術の窓。

2011.06.21 Tue
更新したつもりが・・・更新されていませんでした。。。

かなりご報告が遅くなってしまいましたが、


ご縁がありまして



美術の窓 の6月号にちっちゃく載せていただきました。


ひゃわわ。

これは店頭に並ぶ前に一足先に送られてきたものなのですが

もし店頭で見つけられましたら手に取ってみてください。


新人400人のうちの一人になっています(笑)



あー。

ひゃわわ。

こんなの初めてです。


それはそうと、新人大図鑑をパラパラと見ていて、
予備校時代の友人が一人、載っていました。

いやー全然変わっていませんね。

でも、作品は、予備校時代からは全然連想できなかったっていうか、
あのころはデッサンや色彩構成ばかりやっていたので
見えなかった「その人の色」というものが、大学を通して花開いたんだなぁ~と思いました。

すごく新鮮でした。


大学を出たみんなと、できればまた会いたいです。

大学で何を見つけ、何に没頭し、何に苦しみ、何を生み出してきたのか、
見てみたいです。


在学中はそんなこと考えなかったので、卒展にも満足に出向かなかったことを
今ではちょっと後悔。。


この雑誌にはこんなにたくさんの人間が一冊に凝縮されているのに、
見つけられる知り合いはたったの一人。

もちろん雑誌に載っていなくても、頑張っている人、有名になっている人はたくさんいるのですが
それでもやっぱりこの道に生きていない人もたくさんいることも事実なので
みんな、今頃どこで何してるかなぁ元気かなぁと


一人 富山の地で思ったりしました。



私も、もっともっと頑張らないとだめですね!

雑誌に載ったことで、モチベーションを上げて頂いた気がします。


今回このような機会を与えてくださった方々に感謝、感謝です。




っていうブログを5月21日に書いていたのですが
アップが今になってしまいました。。。

もう7月号が出るころですが(笑)

もし見かけたら 開いてみてください。

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

おべんと。

2011.06.19 Sun
最近 お弁当を作ることにハマっています。

料理自体は好きでも得意でもないんですが、

料理をお弁当箱に詰めたときの達成感が好きです(笑)


まぁ、こうやって毎日作っていたら自然に上手になるだろうと思っています。


ホント、料理に対しては好きでも嫌いでもなく、可もなく不可もなくって感じで

なんでなんだろう~と考えてみたら、

たぶん、料理は作る時間や手間に対して、食べるのがあっというまだからです。

私のお昼ご飯は、

「そのちっさい体(チビということ)のどこに吸収されてんの!?」と言われるくらい食欲旺盛なので、
たぶん割に合わないんです(笑)


でもでも さらに考えてみたら

漆のほうがずーっと時間はかかるし、ずーっと大変だし、
完成したあと食べて「おいしい!」って思うわけじゃないのに、

漆は飽きないし、もっと知りたいし、もっと上手くなりたい。って思うんですよね。

漆は割に合うんですね。


同じモノつくりなのに、この違いは不思議。

漆は6年やってても面白い。


不思議です。





| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

iMac。

2011.06.18 Sat
ついにきた!

20110616114917.jpg
マック!

20110616114946.jpg

でかい!

お・・・重い・・・!

20110616115102.jpg
思っていた以上に重くてびっくりしましたが、中は至ってシンプル。
本体と、コードが一本入っているだけ。

とっても美しいです。

起動したときにCGが流れるんですが、結構感動しました(笑)

20110616115303.jpg
ipadと違って、こちらにはちゃんと親切な説明書が付いてきました。ほっ・・・。

キーボードも、ノートPCに慣れている人はこれくらいキーが低い方が打ちやすいです。

20110616184355.jpg
ネット環境 完璧です!

ネットの設定などもwindowsに比べて簡単に感じました。

初Macですが 今のところ特に不自由はないですね。


富山に来て2か月・・・
やっと家でもネットできるようになったので、またメッセンジャーなどでよろしくお願いします(笑)

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

輪島へ。

2011.06.17 Fri
修了制作のお椀のひとつが
またまたお嫁にいくことになりました。

SANY3157.jpg
輪島で就職した同級生。

と同時に在学中にハウスシェアをした元同居人でもあります。

修了展にてお取り置きしていたものですが、
お互い新生活も落ち着いてきたところで、やっと発送となりました。

SANY3160.jpg
オーソドックスな外黒内朱と見せかけて

ちょっと段差がついているのです。

どうやってつけているかというと、下地を盛り上げて作っています。

たとえ挽き物でも単純な回転体で終わらせないぞ、という遊び心。

SANY3155.jpg

お嫁にいくといっても嫁ぎ先が輪島なので。。。

産地に里帰りするという方が近いでしょうか(笑)



漆に関わる仕事をしている友人。

次に再会するときが楽しみです。



| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

再開。

2011.06.15 Wed
約4か月ぶりに作業再開。

まず何より先に始めなければいけないのは、
東京の友達に頼まれているバングルと指輪です。

もともと友達が所有いていたものに漆で再加飾していきます。

20110614213148.jpg

久しぶりの作業でいきなりの加飾です(笑)

20110614223057.jpg
加飾に使う、「螺鈿」。

螺鈿を薬研で砕いたものを「微塵貝(みじんがい)」と呼んでいます。

アワビの青いところと緑のところだけ取り出して砕いたものです。


大学1年のころに、初めて漆で感動したのは「螺鈿」を見たときでした。

その影響か、今も加飾に螺鈿を用いることが多いです。
この一年くらいで金箔や卵殻も覚えたけれど・・・


やっぱりコツコツ螺鈿を貼っている時間は楽しいですね。


今回は螺鈿の「蒔き」と「貼り」で仕上げます。




| Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

試作品。

2011.06.10 Fri
新しいお椀、制作開始。

まだ このカタチ使います という段階ではないですが
試作品を挽いていただいたのでご紹介。


自分が平面に描いたものが立体になる というだけで
なんだかニヤニヤしてしまいます(^∀^;)

紙に描いたものが現実世界に飛び出してくる。
まるで魔法ですね。

お椀つくりの中でこの瞬間がもっとも劇的なので
一番ワクワクする瞬間かも。。。


20110610080236.jpg

もしかしたら椀はこの段階が一番美しいんじゃないか・・・と思うことは多々あります。

椀だけでなく、箱にしても盆にしても
木はただそれだけで十分美しい。

ここに私たちは漆を塗り重ねていくわけだけど、
彼らがもともと持っているポテンシャル以上の表現をしないと
何の意味もないし素材に失礼だ と思いました。

とはいえ私はまだまだ発展途中で失敗もすごく多いですが・・・。



こうやって実際に立体になることで、イメージしていたラインが美しいのかどうなのか、
ななめから見るとどうなのか、重いのか軽いのか、持ちやすいのかどうなのか、

などなどより細かなことがわかって、修正がしやすくなります。

次の図面でバチっと決めて、

素材に恥じない仕事に入っていきたいです。


| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。