RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

感謝。

2012.12.31 Mon

今年も残すところあと30分となりました。

今年も風呂の神様に感謝です。

今年はいつものパックに入った鏡餅ではなく、ちゃんとした生のお餅の鏡餅にしました。

そしたら飾った瞬間からヒビ割れし始めてちょっとびびってます…
グロ画像みたいになっちゃいました(笑)
やっぱり一回お湯に通しておくべきでした^_^;


とにかく、

2012年も仕事をしつつ個展や制作ができた事に感謝しています。

今年はずいぶん制作のほうは休んでいました。
来年はそのぶん新しい作品を生み出していきたいと思います。

来年も頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします!




スポンサーサイト
| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ビンの数だけ幸せが。

2012.12.28 Fri
クリスマスの次の日、ビン・缶の回収日だったので早起きしてゴミ出しに行ってきました。

そしたらすごく人が多くて、特にビン回収コーナーはワインのボトルで溢れていました。

あー、クリスマスで出たワインボトルなんだなーと思うと同時に、
あー、クリスマス終わったんだなーと思いました。

空のビンを見つつ、ちょっと寂しい気持ちになりました。

でも、このビンの数だけ、幸せなクリスマスがあったんだな!と思うと、なんだか温かい気持ちになりました。

北陸は寒波到来でめちゃめちゃ寒いですが、寒いからこそ温もりを有難く感じることができます。

クリスマス寒波が過ぎて、次は年越し寒波?

寒いのは平気!
どんと来いです。

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

別世界。

2012.12.24 Mon
昨日までの雨ですっかりなくなっていたのに・・・

今年はホワイトクリスマスじゃなかったですねーとか言ってたのに・・・


一晩でこれです。







別世界になりました。

そして今年もホワイトクリスマスになりました。


メリークリスマス!

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

秘伝の書。

2012.12.23 Sun
変わり塗り  という言葉を聞いたことがありますか。

特殊な漆塗りの総称で、ただ塗って仕上げるのではなく、様々なテクスチャーや模様を持たせたものです。
有名なものだと、津軽塗とか、越前塗りなどを聞くと思います。

同じ「〜塗」でも、輪島塗や山中塗などは産地名であって特殊な技法名ではないので変わり塗には入らない、と思います。

変わり塗は別名「鞘塗」ともいって、もともとはお侍さんの鞘をファッショナブルに魅せるものでした。
参勤交代の際、地方から集まる武士がそれぞれの鞘を見せ合い自慢し合ったことで、各地方の変わり塗が発達したとも言われています。(修了論文を書いた際の知識なので時代とともに変わっていたらごめんなさい・笑)

変わり塗は何種類くらいあるのかというと、正直よくわかりません。

多分、技法の複合で無限に作れてしまう上に、技法は同じでも産地が違うだけで名前が違うものもあるので、正確にはカウントできないと思います。

その中でも特に特殊なものや特徴的なものというのは、大学でも一通り習い、実際に加飾しました。


変わり塗は工程数が多かったり、種類が多いせいでなかなかすべてを把握することはできません。
そのため記録も少なく、完全な教科書というものがありません。

そんな私が変わり塗の教科書として今でも使っているのが、大学のときにもらったこれ。


先生にもらった資料のコピーです(笑)

とても古いです。書かれている日本語が古語に近い部分もあります。

でもほかにこれ!と言える資料が今の時代はないので、これが教科書代わりです。
無くしたら困る、秘伝の書です。

実際にやりながら「こういう日本語にしたほうがわかりやすい」という部分を書き足しながら使っています。


やらないうちに工程を忘れたり、順番を間違えたりするので、時々見返さないといけません。

でもうっかりするとどこかに紛れてしまったり、汚れてしまいそうで怖いんです(笑)
大事にしないと。


漆芸の歴史とともに生まれては消え、複合されてきた変わり塗。

名前も面白くて、石の表面のようなテクスチャーのものを「石目塗り」。
斜めに線が走ってキラキラしているものを「時雨塗り」などなど。
日本語って本当におしゃれです。

私の作品にもふんだんに使われていますので、椀を見る際に「どうやって作られているのだろう」とか「これは何塗りっていうんだろう」と推理しながら見てもらえると楽しいかなと思います。

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

加飾。

2012.12.22 Sat
年末のバタバタした時期ですが、来年の個展の予定が飛び込んできました。

制作自体はなんとなく進めていましたが、こういった具体的な目標が設定されると、不思議と背筋がピシっとするというか、制作に対する姿勢も変わってきます。

モチベーション=テンションという意味で日本では使われているけど、本来の意味は「動機」。
今回の知らせは間違いなく、物事を行う上での動機や意欲につながりました。

これが本来の意味なのだなと一人で実感しつつ、


作業の様子は、




まずは塗りを必要としない加飾から始めていこうと思います。
塗りはどうしても時間と集中力を必要とするので、正月休みなどにすすめたいですね。



こういったテクスチャーをつけたり。

もちろんこのままで仕上がるわけではありませんよ。
まだまだ下準備段階です。


あとはぐい呑みだけではなく、新たにお椀やその他もろもろ作っていきます。

これまでの個展は修了制作での「作品ありき」でおこなったものですが、
次は「展示ありき」で作品を考えていっても面白いかなと思います。

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

錆。

2012.12.14 Fri

欠けたお椀を修繕中です。

写真の茶色いのは、錆という、漆のパテのようなものです。

中身は、漆と砥の粉と水です。
当然 かぶれるので、手につかないように慎重に作業。。。

久しぶりに漆を使ったのでちょっとドキドキしました。


| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

雪。

2012.12.11 Tue

富山はすっかりこんな感じで。

2年目なので雪かきグッズなどはいろいろと揃っている。去年ほどは怖くない!


それにしても、雪がしんしんと降っている時って、勉強とか漆の作業がすごく捗るというか、自分からすすんでやりたくなります。

この時期だとセンター試験だとか、期末試験だとかで、図書館にこもったり、研究室にこもったりしていた記憶を思い出すからなのでしょうか?

とにかく、通勤したり買い物いったりするときは煩わしい雪ですが、あたたかい家の中にこもって雪景色の外を見るのは気持ちが良いです。


| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

かんざし。

2012.12.10 Mon
ちょこちょことかんざし作り。


なんでかっていうとお椀を作るより、ぱぱっとできるからです(笑)

空いた時間でちょこちょこと木を削っています。




漆は重ねる作業ですが、木は削る作業。

木を削ったり、刃物を研いだりする作業は、気持ちが無になるというか、精神集中にいいですね。

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。