RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

過去を超えて未来へ。

2013.09.15 Sun



漆を買いました!
久しぶりの新調です。100匁という単位でこういった桶に入っています。

なんだかパワーがみなぎるようです。ムキムキ。



大阪のギャラリーさんに作品を何点か送りました。

ひとつは彼岸花をモチーフにした作品。

それと星座をモチーフにした作品があって、大きく分けるとその2種類です。

彼岸花の方は昔、練習として作った作品なので、
全体的につたないというか、実験的な感じです。

星座の方は作品として仕上げたので、そこそこ奇麗な仕上がりです。


でも、ギャラリーさんから来た感想では、
簡単に言うと星座のほうは「長屋さんらしくない」ということで、
彼岸花のほうは「仕上がりを差し引いても情熱を感じる」ということでした。
彼岸花は個展でも展示する事が決まりました。

この感想を聞いたときは、正直、見透かされたような見破られたような、
ドキっっっとした気持ちで、

当たり前のことかもしれませんが、
「見る人が見ればわかってしまうんだ」っていう変な焦りを感じました。

これがギャラリーの方でなくても、いろいろな作品を見ている方には伝わってしまうことなんだと思います。

下手なごまかしはできないなって思いました。

背筋が伸びるというか、襟を正すというか、そんな気持ちになりました。


これから本格的に漆の作業に集中していきますが、
その前に気づけて良かったなと思います。



それと、3年ぶりくらいに、学生の頃に4年間くらい?書いていたブログを

就職して初めて、読み返しました。

これはもう自分にとってはかなり凄い事で(笑)

基本、過去を振り返ったりするのは好きではないんです。
常に前を見ていたいというか。

でも、ちょっとしたきっかけで一度読み始めたら止まらなくなってしまって・・・

なんというか、ひたむきさというか、まっすぐさというか、
いい意味での青臭さとかがあって、

なんであのころ、あんなにアクセスが稼げていたのか、今なら分かる気がする(笑)


ギャラリーさんに言われた「情熱」という言葉が、今の自分にはとても高いハードルのように感じました。


「あの頃の自分に、今の自分は負けてる気がする。」



今の社長にそう言ったら


「負けてるよ」


とバッサリ。。


「あの頃は、いい意味で尖って、輝いてた」


と。


「今は賢くこなしてる感じかな」


とも。。。




ううう、返す言葉がない・・・!


このままでは、個展でお客さんをがっかりさせることになってしまいます。


なので原点回帰!


初心に戻ろうと決めました!



本当、本格的な制作に入る前に気づけて良かったです!

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<firefly。 | HOME | 遠く。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://bboocc.blog19.fc2.com/tb.php/1054-f1753556

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。