RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

伝統と先端の融合。

2013.09.29 Sun
ふと絵を描きたくなって本棚からクロッキー帳を出しました。

moblog_865aefb3.jpg


中を見ると、ページはびっしり。全部使ってありました。
大学時代、本当に最後の最後にノートとして使っていたクロッキーでした。
今まで存在すら忘れていましたが・・・。

moblog_cba1f9af.jpg
こんな感じで、お椀の模様を考えています。
実際にこれは作品にした模様ですね。今は誰かが持っているのか、山木美術さんにあるかな?

moblog_b5f41435.jpg
これは修了制作とは別に考えていたお椀。

moblog_510baf27.jpg
こっちは、修士論文で書こうと思っている内容の要点をまとめたものです。
漆の歴史について書いてあります。

moblog_c30bcc53.jpg
こちらはもっともっと前。実験的な作品の図案です。

moblog_6f8f4fe2.jpg
で、これは講義のノートなのですが、右上に小さくお椀の落書きが書いてあります(笑)
講義中にデザイン案が浮かんだのかもしれませんね。


正直、ノートを読み返してみて、あの頃は本当にいろいろ考えていたなぁと思います。
今も十分いろいろ考えてると思っていたけど、全然だったのを見せつけられた思いでちょっとバツが悪い(笑)

まぁあの頃って 自分が作りたいものを言葉や文章でちゃんと説明できないと、先生からGOサインが出ないから、そのへんを頑張らざるを得なかったのは確かなんですが。

でも今同じ状況になっても絶対 手抜いちゃうよなって思います。

うわー 怖い怖い。下手に手慣れたくないものですね。


以下、ノートから抜粋。


「修了制作の内容とテーマ」
学部から修士にかけて、私は「時間」や「命」にテーマを置き
自分なりの宇宙をどのように表現すべきか、どのような形で見せるのが良いのかという模索をしてきました。

具体的に見せるか、抽象的に見せるかなど、いろいろなアプローチを考えましたが、
最終的に 今は お椀という形にすべて込める事ができる という結論に至っています。

お椀は、私たち日本人が毎日手にするものです。
手に持つからこそ、人によって形が違い、個性が生まれます。

そして漆が望む形、人間が望む形、その真ん中にあるのがお椀という形であり、それは永い歴史が証明しているのではないかと思います。

100個のお椀を制作する事は、100人の人間を表現するということで、
100個のお椀が集合することで、壁一面に並ぶことで、私にとっての宇宙ということになります。

その宇宙の完成をもって、修了制作とします。


| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<10がつ。 | HOME | 漆の。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://bboocc.blog19.fc2.com/tb.php/1059-a899286e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。