RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

changes。

2013.10.02 Wed






外国みたいな風景。
多分 富山で一番オシャレな場所。
夜は夜でライトアップされて綺麗です。



予定では今日、下地に出した椀が戻ってくる予定でしたが、
下地師さんの都合で来週になりました。

やむを得ないこととはいえ、一週間作業が遅れるというのは、結構痛いです。
あっさり了承してしまったけど、もう少しワガママ言えば良かったかな(笑)
まぁ、言ったところでどうにもならないことなので、いいのですが。



思い起こせば、9月は変化の月でした。
心境の変化、環境の変化。いろいろ。

社会人になってから「哀しみ」という言葉がよく頭に浮かびます。
社会っていうのは、理不尽なこと多すぎ。不条理なこと多すぎ。
そのたびに「哀しみ」が心に積もっていくような気持ちになります。

その痛みを和らげるためか、最近はその哀しみを無意識に受け入れていたような気がします。
いちいち考えても無駄だと思って、歯向かったり、立ち向かったりしなくなっていました。
そのくせ無駄に噛み付いて、粋がっているだけでした。
本気で頑張れなくなっているというか、それなりにこなしているだけというか。


でも9月は それじゃだめだ!と気付いた月でした。
やっと気付いた月でした。

昔とある人に
「自分のために頑張れない時は、誰かのために頑張るんだよ」と言われたのを思い出しました。

私は最近、頑張れなくなっていました。
自分に甘くて、追い込むことができなかったです。

それは多分、頑張る理由が「自分のため」だったからだと思います。

でも、私は何のために椀を作っているのかと考えたら、
自分のためではありませんでした。
誰かのために作っていたんです。
本来はその「誰か」のために頑張らなきゃいけなかったのに、それを忘れていました。


私は、私が作った椀を手にした「誰か」が、幸せになるような作品を作りたいです。
その人の生活や、その人の食卓が、ちょっとでも華やかになるような。
ちょっとでも、「ふふふ」って気持ちになれるような。


個展までちょうどあと2ヶ月。

全力で椀と向き合っていきます。



| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<胸が騒がしい、でも懐かしい。 | HOME | 10がつ。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://bboocc.blog19.fc2.com/tb.php/1061-9d024e1c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。