RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

まずは下処理です。

2010.05.18 Tue
SANY2634.jpg
先日もらった蓋もののお椀に
「固め」という下処理をしました。

白木のままで置いておくと、湿度の影響で木地が動いたり水に弱かったりするので、

一回 漆をかけ、すぐに拭き取ります。
白かった木地が茶色になりました!


この作業を「固め」といいます。

漆をかけることで、防腐・防水効果が得られます。

なので木地を手に入れたら、そのまま置いておくようなことはせず
まずは必ず「固め」をします。


この状態でも、お椀としては十分美しいですよね!

黒や朱の漆を塗ってしまうと、木目は見えなくなりますが、
この段階では木目がはっきりと見えて面白味があります。

とくにこの材はケヤキなので、木目の王様といったところでしょうか。


しかし私は加飾の人間です。

木目は自然から生まれた絶対的な美しさですが、
それに負けないよう、それを殺さぬよう、

塗りと加飾でさらに魅力的にみせるのが仕事です。頑張りますよ♪



| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<アイディアスケッチ。 | HOME | 吸い物椀。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://bboocc.blog19.fc2.com/tb.php/789-a70bb588

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。