RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ひたすら軽いお椀を目指して①

2010.11.19 Fri
いま、「ひたすら軽いどんぶり」を制作中です。

やや手が不自由な方からのご注文で、
片手でも楽に持てる うどん用のどんぶり という内容でした。

漆器はだいたい見た目より軽く作られていますが
どんぶりサイズとなると それなりにズッシリきます。

そこで木地師さんとも相談して、いきついたのが

20100928185020.jpg
桐という素材。


桐タンスでおなじみの桐です。

なかなか器にもちいる機会は少ないのですが、
非常に軽く、湿度の影響をうけにくいため歪みにくい。
柔らかいため落としても、そうそう割れません。

たとえ手がうまく動かず、落とすようなことがあっても安心かな と思います。


ただあまりに柔らかい素材なので、カッターでもサックリ切れてしまいます(笑)
そこは布と下地と漆で補強する必要があります。

それに白くてとても美しい木地です。
漆を塗ってしまうのが少し惜しいです。


そして木地の状態で持ってみると、

この世の器と思えないくらい軽いです(笑)

お麩のようです。


実測してみると、56g。
携帯電話の半分くらいの重さですかね。

くりかえしますが、どんぶりサイズです(笑)


軽いけど丈夫などんぶりを目指して。
私にとっても木地師さんにとっても新しい試みです。

完成が楽しみです!

いったい何グラムで出来上がるんだろう。



| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<琥珀色の。 | HOME | カートン。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://bboocc.blog19.fc2.com/tb.php/826-7abd67ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。