RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

終。

2011.12.26 Mon
sR0012162_20111226132800.jpg

sR0012154.jpg

sR0012143.jpg

sR0012145.jpg

sR0012160.jpg

sR0012163.jpg

sR0012161.jpg

sR0012166.jpg

sR0012158.jpg


12月24日をもちまして、長屋桃子 初個展、無事に終了いたしました!

私も会期中、富山から3回ほど会場へ足を運び、
来廊してくださった皆様の声を直接聞くことができ、非常に貴重な経験をすることができました。


最終日には母も島根から見に来てくれ、
作品を見てもらうのは金沢美大の修了展ぶりでしたが、


「まだまだ荒削りね」と一言。


手厳しい・・・と思いつつも、しかしこれがまさに、
今の自分の正当な評価なのだと思います。

今回の個展を通して たくさんの方々から嬉しい言葉、評価を頂きましたが、
そのような言葉を頂けば頂くほど、自分にはまだまだ分相応ではない、
もったいない言葉なのだと実感します。


まだまだ技術もセンスも甘く、つたない仕事をしているなぁと自分でも思いますし、
作品が手元から ひとつ、またひとつと旅立っていくたびに、
「責任」というものが自分にのしかかってきていることをとても感じるのです。

このお椀が、どれぐらい長持ちしてくれるだろうかとか、
はたして塗りは甘くなかっただろうかとか、
体質によってはかぶれたりしないだろうかとか、
考えれば考えるほど心配になってきます。

しかし今はこれらの経験を糧にして、さらなるレベルアップを目指して
また新たな制作に臨んでいきたいと思います。


と、まだまだこのような未熟者ではありますが、今回 足を運んでくださったたくさんの皆様と、
陰ながらサポートしてくれた家族や同僚。
そして何より、今回の個展という貴重な機会を与えてくださった
山木美術の皆様に、言葉にしつくせないほどの感謝を感じるとともに、厚く御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。


まずは今回旅立っていくことが決まったお椀たち 一つ一つに思いをはせつつ、
次の目標を決めていきたいと思います。

これがスタートラインだと思い、まだまだ精進していきますので、
これからもどうぞよろしくお願いいたします!




                               長屋桃子

| Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<クリスマス。 | HOME | はんこ。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://bboocc.blog19.fc2.com/tb.php/961-345d103f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。